水曜日以外ナマケモノ。

水曜日に(多分)更新します

褒められたい

普段あまり褒めない人に褒められるとうれしい。仕事で、特に身内に。そんなことがあった。わたしがした「なにか」が面白かったらしいけど、その「なにか」はよくわからなかった。職業柄どこがどう面白かったのか教えて欲しかったけど褒められてるからいいやと思った。

とはいえ、当の本人は褒められることに慣れていない。

ちょっと前に、ずっと伸ばしていた髪をバッサリ切った。ボブくらいはあったけど、がっつりショートにしたのは初めてで、わたしのなかのわたし像はやっぱりロングなのでいまだに見慣れない。写真を撮っても、変な感じ。でも、自分で言うのもなんだけど、これがまた大変好評なのだ。かなり思い切ったことではあったし、意外性もあるだろうし、そんな褒めなくてもいいですよ、っていうくらいみんな褒めてくれるからどうしたらいいかわからない。ある人は、広末涼子。ある人は、一昔前のあゆと言う。こっぱずかしい。ただ、言った人の世代がバレるだけだ。思い切って切っちゃえよ、と言ったあのドSな美容師さん、どうもありがとう。

部屋に短い髪の毛が落ちている。「あ、〇〇クンのかしら・・・」と一瞬思ったりするけれど、まぎれもなくわたしの短くなった髪の毛だ。残念。