水曜日以外ナマケモノ。

水曜日に(多分)更新します

印税生活

かれこれ1ヶ月間もブログを書いていない。書きたいと思うのだけど、なかなかブログの管理画面を開けない。誰かに公開したいとか、いつまでに記事をアップしたいとか、そういう縛りがないとダメだ。

さくらももこさんが亡くなった。ニュース速報で訃報を知り、あまりのショックで、身内の不幸以外の不幸で初めて泣いた。彼女に影響を受けた人は世の中に山ほどいると思うが、わたしもその一人だ。子どもの頃「ちびまる子ちゃん」や「もものかんづめ」などのエッセイを狂ったように読んでいた。わたしがモモエちゃんが好きなのも「ちびまる子ちゃん」を読んでいたからだし、文の書き方もかなり影響を受けていると思う。高校生の頃、小論文の授業で書いた課題に対し「あなたが書いているのは小論文じゃなくてエッセイよ!」と、先生に言われたことがあった。当時は、小論文とエッセイの違いがよくわかってなかった(今も書けないと思うな)。さくら先生は、小論文なのにエッセイ風のタッチが受けて短大に入れたというエピソードが確かあったはずなんだけど、その評価の違いに愕然とした記憶がある。わたしには小論文は向いていないと思って、即、小論文のある大学を受験するのは諦めた。

それもあったし、今日ラジオのゲストでライターの姫野桂さんがきてくださったこともあり、いつか本を出したいなあと漠然と思うようになった。しかしまともに取材をしたことも、得意なジャンルもない。今、なかなか本が売れない時代だそうだが、それでも本を出したいと思うのは、名刺がわりとなるモノが欲しいからだ。放送作家の生み出したものは、オンエアにはのるけれど、カタチには残らない。はじめましての人には、みんなが知ってそうな「〇〇の番組やってます」と言ってまずは信頼を得るしかないのだが、それもなかなか伝わりにくい。いやいや、黙って仕事しろよ、と思うかもしれないけれど、周りは何かしらの「名刺」をお持ちの方がたくさんいるので、正直羨ましい。

小学校の卒業アルバムだかなんだかに将来の目標「印税生活」って書いてたことを思い出す。あの頃は漫画家になりたかったんだった。