水曜日以外ナマケモノ。

水曜日に(多分)更新します

YouTuber

話によると、今、若い世代では調べ物をするとき、なんでもYouTubeで検索するらしい。主にMVを観るしか使用用途のないわたしにとって、メイクや料理はなんとなくわかるけど、字の書き方、読書感想文の書き方・・・調べるとなんでも出てくるから驚きだ。

今日はYouTuberの人に話を聞く機会があった。わたしは一応作家と名乗っているので、台本書いたりだとか企画を考えたりとか、そういったことに特化して仕事をしているわけだけど(たまに出演)、YouTuberの人は基本的に企画・構成・出演・撮影・編集・プロデュース・・・などなど全てを自分ひとりでこなしており、それだけで尊敬してしまう。餅は餅屋、ではなく、餅以外も扱う餅屋というか種類豊富な餅を取り揃える餅屋というか。ラジオも作家が要らなくなっている時代、こういう才能のあるクリエイターがYouTube以外の世界にもどんどん出てきたら、ますます肩身が狭くなってしまう笑。

最初に書いた通り、YouTubeにはありとあらゆるジャンルの動画がアップされていて、今や、〇〇やってみたとかゲーム実況だけでない、様々なジャンルのYouTuberが存在しているし、そこにまだまだ鉱脈があるのではないかとも思ってしまう。ただ、一人で全部やっているとすぐに行き詰まってしまうのは目に見えているし、それを続けるのも大変な努力が必要だと思うし、到底わたしにはそんなことできない。ラジオで自分の声を聞くのですらあんまりだし、そもそもわたしが動画に耐えうるビジュアルをしていない。

YouTuber。今や、子どもがなりたい職業の上位に食い込む人気の仕事だが、「好きなことで生きていく」とはどういうことか、改めて考えさせられた。